目の周り、目の下のしわにワセリンを塗るのは効果ある?

目の周り、目の下のしわにワセリンを塗るのは効果ある?

シワ予防にワセリン

 

目の周りに小さなシワが出来てしまって気になる、スキンケアもしてるけど、どれが良いのかわからない、ワセリンを使うとシワが減るって聞いたけど本当・・・?

 

目の周り特に目元はシワができやすくて気になりますよね。肌が弱い敏感肌な人に特におすすめなのが白色ワセリンです。目の周りに出来るシワ。どうして出来るのか、なぜワセリンが効果的なのかをご紹介します。

 

目の周りのシワはどうして出来る?

 

いつの間にか目の周りばかりしわができる。他の部分はなんともないのに。なんてこと、ありますよね。では、しわができる大きな原因は何でしょうか?それは、

 

  • 肌の保水力の低下(乾燥)
  • 表情筋のクセで出来るシワ
  • コラーゲンの減少などハリの低下によるたるみ

 

この3つが主な要因だとされています。目の周りに細かなシワができやすい人の場合、真っ先に考えられる原因は、肌の乾燥です。

 

逆に深いシワができやすい人の場合は表情のクセでできている場合が多いので、スキンケアだけでなく、マッサージやボトックスなどを気にしてみると良いでしょう。

 

目の周りが乾燥しやすいワケ

 

そもそもなぜ、肌が乾燥するのか。特に目の周りが乾燥しやすいのはなぜかですが、通常、肌は細胞間脂質と言われる脂分(セラミドなど)を含む組織を表面に持っています。

 

この組織の働きによって、体の中、特に肌の表面近くの水分が外に蒸発してしまうのを防いでいます。ではなぜ乾燥が起こってしまうのかというと、一番の理由は「メイク落とし」です。

 

水に濡れても崩れにくいなんて売りの化粧品もありますが、メイクの成分も多くは細胞間脂質と似たような脂分でできています。肌の表面に塗られたメイクを落とす時に、一緒に細胞間脂質まで落としてしまう。それが目の周りを乾燥させる最大の原因なのです。

 

ワセリンが目の周りのシワに効果的なワケ

 

メイク落としで肌が乾燥し、それが小さなシワを産んでしまうわけですが、では、ワセリンを使うとどうしてシワに効果的なのでしょうか?そもそもワセリンは何から作られているのかというと、なんと驚くことに「石油」からできています。

 

石油の中にある成分を精製したものがワセリンです。黄色っぽいものから白色の物がありますが、白色に近いほど不純物が少なく、肌に適した物になります。リップクリームの基材としても使用されているワセリンですが、石油からできている、つまり脂分です。

 

目の周りが乾燥するのはメイク落としで細胞間脂質、肌の脂分を落としてしまうからです。ワセリンを塗ることで、肌の表面に擬似的に細胞間脂質のようなものを作り出し、保水力を高めているのです。

 

ワセリンを上手に使うワンポイント

 

肌にも優しく保水力を高めてくれるワセリンですが、欠点もあります。触ったことがある人はわかると思いますが、ワセリンは普通の保湿クリームなどと比べると非常にモッタリとしていて重たいのが特徴です。

 

この伸びの悪さ、重たさがクセモノで、目元に薄く伸ばす時に、ついつい皮膚を引っ張ってしまいがちになります。頻繁にやっているとどうしても肌に負荷がかかってしまうので、ワセリンに少量のホホバオイルやスクワランなどを混ぜることで解消すると、伸びが良くなり肌の負担が減るので効果的です。

 

ワセリンがしわ対策になるのは確かですが、30代後半、40代以降のしわが定着してしまう時期になるとワセリンの効果は大きく見込めません。

 

しわを予防し目立つしわを消したいのなら、しわ消しクリームや目元専用のしわ取り化粧品を使うほうが効率が良く効果も期待できますよ。

目元専用クリームで目の下のシワを消す

目の下のシワ対策に効くコスメを紹介しています。シワのできやすい目元をしっかりと保湿ケアできます。
MUNOAGE リペアアイクリームの特徴

シワ治療認定皮膚科医との共同開発で実現した目もと用ペプチド7種配合!無添加でメイク上からでも使用できる目元専用クリームです。

価格 5,331円
評価 評価5
備考 初回500円OFF
Gracieux+(グラシュープラス)の特徴

目の下のシワ、目元のシワ、たるみといったシワ・たるみだけでなく、くすみ、シミの解消という美白ケアにも効果的な美容クリームです。セラミドしっかり保湿してシワをシャットアウト!

価格 1,500円
評価 評価4.5
備考