肌のハリをアップするのに効果的な食べ物、栄養素は?

 

「年を重ねて肌にハリがなくなってきた」、「化粧水や乳液等、スキンケアをちゃんとしているのに肌に元気が無い気がする」という肌の悩みを持つ方は多いのではないでしょうか。

 

そんな方は、食べ物で体の内側からスキンケアをしてみませんか?今回は、肌のハリを生み出す栄養を持った食べ物と、その効能についてご説明しましょう。

 

柑橘類や緑黄色野菜のビタミンCで肌をダメージから守る

 

まず、肌のハリを生み出すためには、肌を強くする必要があります。肌は紫外線や乾燥等のダメージを日々受けており、そのダメージの積み重ねが肌ツヤを悪くさせたり、シワやシミの素となるのです。

 

そんな肌を外から受けるダメージから守るためには、ビタミンが必要不可欠です。特にビタミンCには、紫外線ダメージを受けた肌を回復させ、シミやソバカスといった色素沈着を防ぐはたらきがあります。

 

また、ビタミンCを摂取することで、肌のターンオーバーを促進させ肌をどんどん生まれ変わらせてくれます。これから出来そうなシミを予防させるだけではなく、もう出来てしまったシミの改善もしてくれるとても優秀な栄養素です。

 

ビタミンCはレモン等の柑橘類に多く含まれていますが、他にも、キウイやブロッコリー、パプリカ、そして菜の花にも多く含まれています。

 

⇒肌のハリを維持するのにアーモンドの抗酸化作用がスゴイ!

 

アボカドやナッツのビタミンEでアンチエイジング効果

 

肌は老化するとハリが失われます。その肌の老化を食い止める栄養素が、若返りのビタミンとも言われるビタミンEです。人の肌は年を重ねることで酸化が進み、シワやたるみが増えていきます。

 

ビタミンEには細胞の酸化を防ぎ、肌のバリア機能を高める抗酸化作用があり、摂取することで肌の老化を遅らせることが出来るのです。

 

また、ビタミンEには肌の角質を柔らかくさせ、保湿機能を高めたり、炎症を予防させるはたらきもあり、乾燥やニキビから肌を守ってくれます。

 

ビタミンEの含有量が多い食べ物としては、アボカドやモロヘイヤ、アーモンド等のナッツ類、ヒマワリ油等があげられます。卵の卵黄やすじこにも多く含まれています。

 

肌のハリ感アップにアボカドが効果的!美容にいい食べ方も

 

魚類や肉類のゼラチン質のコラーゲンで肌をふっくらと

 

肌のハリを生み出す栄養素のなかで、特に知名度が高いのがコラーゲンです。コラーゲンは皮膚や軟骨を構成させる栄養素で、たんぱく質の一種です。

 

外側から表皮、真皮、皮下組織で構成される肌のうち、95パーセントが真皮です。真皮は肌のハリを保ち、肌の健康を守ってくれる細胞で、真皮のうちの70パーセントがコラーゲンで出来ているのです。

 

しかし、コラーゲンは加齢により減少するもので、コラーゲンが減ると肌がしぼんできてハリが失われていきます。コラーゲンを効率的に摂取出来る食べ物としては、豚足や鶏肉の皮、牛筋、ふかひれ、すっぽん等のゼラチン質を含んだ動物性たんぱく質があげられます。

 

目の下のしわを予防するコラーゲンの働きと効果

 

バナナのカリウムでデトックス

 

肌に栄養を与えることも大切ですが、不要なものを流すことも、肌のハリを守るためには重要です。カリウムは、体に溜まった老廃物を体外へ排出し易くするはたらきを持つ栄養素です。

 

カリウムを摂ることで、老廃物が水分と一緒に体外へ流れ出て、栄養の吸収率が良くなります。その分肌に栄養が行き届き易くなり、肌のハリをつくることに繋がるのです。

 

また、カリウムは肌の新陳代謝を高めるため、浮腫みを取り血行を促進させるはたらきもあるので、肌の血色が良くなるという効果も得られます。バナナやパイナップル、すいか、ほうれんそう、パセリ等がカリウムの含有量が多いとされています。