MUNOAGE リペアアイクリームのしわ消し効果と口コミ

 

MUNOAGEのリペアアイクリームは、皮膚科形成外科医と共同開発した目元ケアクリームです。皮膚のプロだから分かる、目元に本当に必要な成分を厳選して配合したリペアアイクリームは、「InRed」や「美ST」など、人気の女性誌でも紹介されています。

 

Amazonのアイケア商品の売れ筋ランキングでは、堂々1位を獲得した注目の目元ケアクリーム、多くの愛用者がその効果を高く評価し、93.3%という高い満足度も魅力です。

 

⇒ MUNOAGE リペアアイクリーム 購入ページへ

 

気になる目元の年齢サインはなぜ表れる?

 

鏡に向かって、ふと「なんとなく老けたんじゃない」と感じることはありませんか。その大きな原因は、目元の変化によるものです。楽しくて笑ったり、腹が立って怒ったり、そんな感情の変化は、目元の表情として現れます。

 

そして、その表情の変化は、目元の薄い皮膚にシワやを小さなシワを刻みます。きちんとケアしたつもりでも、薄い皮膚は有効成分を蓄えることができないため、期待したケアの効果が表れにくい部分でもあります。

 

目元に変化が表れると、老けた印象になるだけでなく、それをカバーするためのメイクも難しくなってしまいます。アイラインがキレイに引けない、コンシーラーを重ねてもクマが目立ってしまうなど、忙しい朝のメイクにも、時間がかかってしまいますよね。

 

こんな大人の女性の目元の悩みに効果を発揮するのが、MUNOAGEのリペアアイクリーム、気になる年齢サインを解消して、若々しい目元へと導きます。

 

リペアアイクリーム、配合成分の魅力

 

シワやクマ、たるみなど、老けた印象を与える目元に必要なのは、ハリと弾力です。アセチルヘキサペプチド-8とアセチルテトラペプチド-5、肌にハリと弾力を与える2つのペプチドを、推奨量よりも大幅に増量して配合しています。

 

たるんでどんよりした目元にハリと弾力を与え、メイクで隠しきれないクマも解消、コンシーラーいらずの、若々しく明るい目元を取り戻します。

 

デリケートな部分に使うものだから、香料や着色料、鉱物油など、肌に不要な成分は一切不使用、第一に健やかな肌のことを考える皮膚科医師の視点で開発されているから、敏感肌の人でも使える、安心感も大きな魅力です。

 

リペアアイクリームの使い方は?

 

リペアアイクリーム、朝と夜の2回の使用がおすすめです。片目に対して米粒2個分程度の量を、いつものスキンケアの仕上げにプラス、力を入れずに、優しくマッサージするようになじませます。目元だけでなく、乾燥が気になる口元にも使えます。

 

メイク前にしっかり肌を整えても、乾燥が気になる季節には油断できませんよね。リペアアイクリームは、メイクの上からも使えるから、乾燥しがちな夕方も安心、気になる部分に重ねても、サラッと素早くなじむから、メイクを崩すことなく乾燥を解消、1日中しっとり、ふっくらした肌をキープできます。

 

女性の気分は、鏡に映る自分の姿で大きく変わるものです。鏡に向かう度に憂鬱になっていた年齢サインを解消できれば、顔色や表情だけでなく、気分まで明るくなり、きっと毎日が楽しくなりますよ。

 

MUNOAGE リペアアイクリーム全成分:水、エチルヘキサン酸セチル、トリエチルヘキサノイン、BG、PPG−15ステアリル、グリセリン、ベヘニルアルコール、ステアレス−2、ステアリン酸、シア脂、ステアレス−21、ジメチコン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、アセチルテトラペプチド−5、アセチルヘキサペプチド−8、ヒトオリゴペプチド−1、ヒトオリゴペプチド−13、ヒトオリゴペプチド-24、オリゴペプチド−6、ヘキサペプチド−11、加水分解コンキオリン、トコフェロール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ホスファチジルコリン、EDTA2−Na、ダイズ油、オレイン酸Na、キサンタンガム、ジポリヒドロキシステアリン酸PEG−30、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、カプリリルグリコール、1,2−ヘキサンジオール、フェノキシエタノール

 

⇒ MUNOAGE リペアアイクリーム 購入ページへ